理想的な家を手に入れるには注文住宅を建てよう

理想の家づくり

インテリア

頭に入れておく

現在「阪和線」の駅周辺の開発が進んでいて、住んでみたい場所として選ばれています。阪和線で特に人気の駅は和泉府中と東岸和田で、このエリアに一戸建てを購入したいと希望する人が増えているようです。大型ショッピングモールがあることや空港に近いこと、市役所が近いなど、それぞれメリットがあります。一戸建ては中古物件、分譲住宅、注文住宅と3つのパターンがありどれかを選ぶことになります。中古物件は安く買えること、分譲住宅は環境や間取りの両面で条件が良いこと、注文住宅は自分の好みにデザインできるのがメリットです。また、家づくりで理想をイメージするのは良いことですが、予算や家族の学校や会社のことも頭に入れておきましょう。

時間をかけて選ぶ

阪和線は都会でありながらローカルな雰囲気もあり、街全体が落ち着いているのが魅力です。阪和線で「一戸建て」を建てるとき、あれもこれもと付け加えているうちに想像以上に費用がかかることもあるので、事前に予算を明確にしておきましょう。「この予算内で仕上げたい」ときちんと伝えておけば、プロがそれに合わせて設計して資材や間取りを提案してくれます。また、自分の意見を一方的に伝えるだけでなく、不動産や工務店、設計事務所のスタッフの意見に耳を傾けることも一戸建てを建てるときに大切なことです。家は人生で1番高い買いものになるので、焦って決めるのはよくないと言われています。忙しい人でも6回、できるだけたくさん話し合いの時間を設けて、ゆっくり選びましょう。