理想的な家を手に入れるには注文住宅を建てよう

兵庫県東南部の住宅都市

部屋

鉄道の沿線に多くの物件

川西市で人気の高いエリアは阪急川西能勢口駅の周辺で、大規模商業施設が揃っており、大阪梅田へのアクセスも極めて良好です。この地域では建坪100平米程度の新築一戸建てが多く、価格帯は3千万円台が中心になっています。近くにはJR川西池田駅もあり、通勤方法を選ぶことができます。能勢電鉄の沿線は買物の利便性には劣るものの、自然環境が豊かで敷地面積の広い新築一戸建てを購入できます。建坪は100〜150平米ほどで、2千万円台の物件もよく売れています。

内装もチェック

JRや阪急電鉄から南側は古くからの町並みが多く、敷地面積の狭小な中古住宅の比率が高くなっています。ただしアクセス至便な駅近辺にも閑静な高級住宅地はあり、数は多くありませんが4〜5千万円台の新築一戸建てが分譲されています。これに対して能勢電鉄の沿線は、手頃な価格で庭付きの新築一戸建てを見つけるのに適しています。日当たりや通風が良く、収納スペースの豊富な住宅が多いのも、このエリアのメリットと言えます。川西市は比較的温暖な気候ですが、猪名川に沿った北部は冬の寒さが厳しいので、外張り断熱や床暖房などの設備があると快適に過ごせます。新築一戸建てを購入するなら、立地だけでなく内装の充実度も細かく検討しましょう。いまは分譲住宅ではなく注文住宅という選択肢もあるので、希望する設備を取り入れたり、内装にこだわったりすることが出来るようになります。他にも、エクステリアや庭、駐車場など様々なものにこだわることが出来ます。